粉末スムージーの様々な飲み方完全ガイド

ここ数年ではグリーンスムージを自宅で作って飲んでいる人も多いと思いますが、毎日作って飲む事は難しいと思います。野菜や果物も毎日購入するのは大変だと思うので、もっと楽に飲む事が出来たら良いと思いませんか。最近薬局などでは簡単にグリーンスムージを作る事が出来る粉末スムージーが販売されています。付属されている計量スプーンで規定の量を取り、水で溶くだけすぐにグリーンスムージーが出来上がります。カロリーを気にする人は水で割って飲むのが一番低カロリーで飲む事が出来ますが、粉末スムージーのほとんどは1杯が100キロカロリー以下なので、食事と置き換えると大幅なカロリーダウンをする事が出来ます。中には20キロカロリー以下の粉末スムージーもあるので、購入をする際に良く見てみて下さい。しかし、毎日水で割っていてはその味に飽きてしまう人もいると思います。
スムージー1

 

水以外では牛乳で割って飲んでも美味しく飲める様です。また、粉末スムージーは牛乳で割る事によってヨーグルトドリンクの様にとろみのあるドリンクになります。カロリーは高くなりますがカルシウムが多く摂取出来るのと、とろみがあるのでお腹に溜まりやすくダイエットにも最適です。水でも牛乳でも粉末スムージーを割る時シェイカーを使った方が粉末がダマにならずきれいに溶けます。口当たりもまろやかなるので、しっかりと振って混ぜて下さい。でいるだけカロリーを抑えたいけど美味しく飲みたい人は、豆乳で割って飲んでいる人もいます。>グリーンスムージーlaboでダイエットのようなサイトでは結構豆乳の割り方や青汁に関してもレシピが掲載されています!

 

 

牛乳よりカロリーが低く、イソフラボンが豊富に含まれているので、女性には豆乳の方が身体には良いかもしれません。豆乳も粉末スムージーを溶くととろみが出てくるので、朝食で置き換えダイエットをしてみるのもおすすめです。置き換えダイエット以外にも、小腹がすいた時に粉末スムージーを飲むと、腹もちもよくカロリーを抑える事が出来ます。お菓子屋デザートなどで小腹を満たしてしまうと、量が少ない上に高カロリーなので、すぐにお腹が減って来てしまうと思います。粉末スムージーは手軽に持ち運ぶ事も出来るので、職場にコップと粉末スムージーがあれば昼食を置き換える事も出来ます。

 

 

水や牛乳など割って飲む方法もありますが、粉末スムージーの臭いが気になると言う人は、100%のオレンジジュース部レープフルーツジュースなどで割っても美味しく飲む事が出来ます。長く続けられる様に、自分に合った飲み物で割って見て下さい。

 

【粉末スムージーのダイエット効果と手作りスムージーとの違い】

スムージー2
海外セレブや人気タレントにも大人気のスムージーですが、さまざまなスムージーがあり、ダイエットにも役立っています。手軽な市販の粉末スムージーと、手作りのミキサーを使ったスムージーの違いも気になるところです。粉末スムージーと、キッチンでもできる手作りスムージーの違いといえば、まずは手間の違いでしょう。

 

 

手作スムージーだと飲みたいときには、毎回その材料となる野菜やフルーツを購入して、洗ってカットしてミキサーすることになります。

 

手作りは時間がかかるのも仕方なく、おまけに洗いものも多くて面倒です。用意する食材はなまものであるため、腐らないように冷蔵保存して消費も急ぐ必要があります。粉末タイプで腐らずに済むのが、粉末スムージーの良いところでもあります。

 

 

牛乳や水とミックスするだけでできるので、調理にかかる時間破綻時間で手軽です。粉末は大容量でも小分けもできるため、外泊の時も小分けして持っていけるので便利です。

 

肝心な栄養素も異なるため、体への効果にも差が出てきます。100種類以上の原料を使用していることもあるのが、粉末スムージーの強みでもあります。たくさんの種類の中には、普段食品スーパーで購入する安価な野菜やフルーツ素材もあれば、粉末タイプでないと摂取はないであろう栄養素も含まれていたりします。原料は実に多種多様であり、ビタミンやミネラル、酵素や食物繊維などがギュッと抽出されているため、栄養素の濃度も異なります。

 

手作りスムージーは、好きな食材をチョイスできますし、肌や体にその時必要な野菜類を使うことができます。

 

 

ミキサーはサイズが決まっていて、そんなにたくさんの量は入りません。ですから食材にしても栄養にしても、粉末程は多くはならず、そこまでの高い栄養は期待できません。コストを考えたときも、間合い会大量の野菜やフルーツを購入するのは、意外とお金がかかります。粉末タイプであれば、かなりリーズナブルに栄養チャージが可能です。

 

 

 

粉末スムージーにはお手軽なダイエット効果もありますし、美肌効果も期待ができます。ダイエットは手間がかかるものは続きませんが、粉末スムージーをミルクや水に溶かすだけなら、置き換えダイエットでも簡単に用意ができて摂取が可能です。栄養満点でありながら、低カロリーという素晴らしい内容で、苦しくなりがちなダイエットもサポートしてくれます。ストレスなく、味わいも楽しみながら痩せることができます。

 

 

 

【粉末スムージーに配合されてる栄養成分をまとめてみた】

粉末スムージーは、高濃度にギュッと濃縮された栄養成分の粉末を水や牛乳に溶いてサッと体内に摂取してあげるスムージーです。
粉末であるからこそ、手作りのスムージーよりも使用されている原料が多いです。例えば、この粉末スムージーの中には使用されている原料が100種類以上というものもあれば、多種多様な原料からミネラルやビタミン、植物繊維、酵素が最大限抽出されているのでコップ1杯でも1日に必要な栄養素摂取することができます。
では、粉末スムージーにはどんな栄養素が入っているのでしょうか?
スムージー3
「ミネラル」
5大栄養素の一つでもあるミネラルは体内で作り出すことができなく、食事からでしか取り入れることができません。

 

カルシウムや鉄、マグネシウム、亜鉛などがあり、骨や代謝などにも関係があるので必要不可欠でもあり、積極的に取り入れたいものでもあります。これらはほぼ野菜から摂取しているので、野菜が不足するとミネラルも不足してしまいがちです。そのミネラルを粉末にすることでよりたくさんの量を摂取できることはとても良いでしょう。

 

「酵素」
酵素は生きるためにはなくてはならない栄養素です。ビタミンやミネラルなどを取り入れるときに酵素があるとこれらが体内でよく働いてくれます。例えば、デンプンを分解する唾液の中に含まれているアミラーゼという消化酵素を始め、いろいろな酵素が存在します。この酵素は、生ものに多く含まれています。加熱すると酵素の働きがなくなるので非加熱で取り入れることをお勧めします。やはり野菜にも多く含まれている栄養でもあるので、粉末スムージーで取り入れることができます。

 

「食物繊維」
野菜や果物、穀物、海藻、きのこ、豆類などの植物性食品に多く入っていますが、日常の食事ではバランスよく取り入れることはなかなか難しいです。そのために、粉末スムージーでの摂取がとてもバランスよく取り入れることができるというわけです。働きとしては、便秘の予防や血糖値やコレステロール値などにも良いと言われています。

 

簡単に言えば、お腹の調子を整えるものです。

 

「ビタミン」
最後にビタミンですが、こちらも様々な働きをします。便秘にも効果があれば、肌にもよい作用があります。このビタミンを積極的に摂取しようと思うと、1日に約300g摂取が必要ですが、1日にとれる量としては限界があるので、そこを助けるのがスムージーです。
粉末スムージーは粉末にすることでかなり体に良いと考えられます。しかし、スムージーも取り入れながら、食事からも摂取することを心がけていくと、より健康のためには効果があるでしょう。

NEWS 機能性表示食品がでました

グリーンスムージーから機能性表示食品がでました!
ファンケルの粉末スムージーですがスムージーの機能性表示がこれから機能性表示食品の審査とか通りだすとコレステロールなどを下げるなどのスムージーでできる表記が可能になりどんどんいい商品がでてきそうです。

 

スムージーには葉酸などの妊婦さんが必要な栄養素も豊富
なので、あらゆる栄養補給にスムージーの未来が見えて来ました!

 

引用ベルタ葉酸のサイト